気になる!結婚指輪の相場とは?

人気の価格帯は10万円台

結婚指輪は、結婚後の生活の中で身につけるものです。そのため、装飾性だけではなく、付け心地や傷がつきにくいか否か、また仕事中でもつけることができるかどうかなど様々なことを考えるカップルが多いようです。
結婚することが決まってから、二人でブライダルリング専門店に結婚指輪を見に行くという人がほとんどです。よって、婚約指輪よりも結婚指輪にかける金額は少額であるという傾向があるようです。夫側、妻側ともに10万円台の結婚指輪を購入するカップルが最も多いというデータがあります。総額は20万円未満ということですが、妻側の結婚指輪の方が比較的価格が高い場合が多い傾向が見られます。これは、妻側の結婚指輪の方が、より装飾性が高いからです。

結婚指輪を選ぶ時のポイント

結婚指輪を購入する時は、あらかじめ予算を決めているというカップルも多いです。予算内でペアの結婚指輪を選ぶと、より一体感があります。
また、指輪を選ぶ時のポイントとして、装飾性だけではなく、素材にも着目する必要があります。日本で最も人気とされる結婚指輪の素材は、プラチナです。プラチナは丈夫で長持ちする素材と言えるので、結婚指輪の素材としては最適です。他にも、ピンクゴールドやイエローゴールドなど、指輪の素材は様々あります。素材によって指輪の価格は変動するので、購入時のポイントになります。
家事や育児をする時に支障のないデザインとなっているか、一生身につけることのできるデザインであるかどうかなど、後々の生活を考えて購入することが大切です。